次世代消防機として活躍するBAe146/Avro RJ | FlyTeam ニュース

次世代消防機として活躍するBAe146/Avro RJ

配信日:2016/03/10 22:55 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:消火剤を散布するネプチューンのBAe146

消火剤を散布するネプチューンのBAe146

  • ニュース画像 2枚目:アイダホ州ボイシでF-15Eとパラレル・アプローチするネプチューンのBAe146
  • ニュース画像 3枚目:消防機に改造されるエア・スプレイのBAe146-200
  • ニュース画像 4枚目:オーストラリアへ展開したコンエアのRJ85

BAEシステムズは、2016年3月22日と3月23日にアメリカ・カリフォルニア州サクラメントで開催される「アエリアル・ファイアファイティング・インターナショナル 2016」に、BAe146/Avro RJ消防機を出展します。

BAEシステムズは、BAe146/Avro RJ消防機を採用したモンタナ州のネプチューン・アビエーション・サービス、カリフォルニア州のエア・スプレイと同じ場所にブースを置き、第3の顧客であるカナダ・アボッツフォードのコンエア・アエリアル・ファイアファイティング、その系列会社であるワシントン州のアエロ・フライト・ブースの隣に位置しています。

上記のコンエア/アエロ・フライトは7機のAvro RJ85、ネプチューンは7機のBAe-146-200、エア・スプレイは5機のBAe-146-200を保有しています。BAe146/Avro RJ消防機は、今まで使用されてきた古典機をリプレイスする次世代の消防機で、3,000ガロンの消火剤を搭載し速く飛行することができます。

現在アメリカ森林局(USFS)は、ネプチューンの5機とコンエア/アエロ・フライトの4機を独占使用する複数年契約を結んでおり、これは独占使用契約21機中9機がBAe146/Avro RJ消防機と約半数を占めています。また、必要に応じて使用するCWN(Call When Needed)契約でも22機中16機がBAe146/Avro RJ消防機となっています。

民間旅客機としては経済性に劣る4発機のBAe146/Avro RJですが、低空で高温の煙を吸う恐れのある消防機としてはこれが信頼性につながり、第2の人生で活躍しているようです。

最終更新日: 2016/03/10 22:55
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する