スイス空軍のパトルイユ・スイス、オランダで訓練中に1機が墜落 | FlyTeam ニュース

スイス空軍のパトルイユ・スイス、オランダで訓練中に1機が墜落

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:2013年、パトルイユ・スイスがレーワルデン空軍基地での飛行した様子

2013年、パトルイユ・スイスがレーワルデン空軍基地での飛行した様子

スイス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・スイス」のF-5Eタイガーが2016年6月9日(木)、オランダのレーワルデン空軍基地から10キロほどの場所で墜落しました。レーワルデン空軍基地で6月10日(土)、6月11日(日)に開催されるエアショーに参加するため、パトルイユ・スイスは同基地から訓練を行なっていたものです。

事故は、訓練中に2機が接触したことによるもので、「J-3086」が現場の池の近くに墜落、「J-3088」は尾翼に損傷があるものの無事に着陸しました。また、墜落した「J-3086」に乗務していたパイロットは脱出しています。このパイロットは切り傷、打撲などがある模様です。

なお、これに伴いパトルイユ・スイスは6月10日、6月11日のエアショーには不参加となるものの、エアショーの開催は予定通り行なわれます。

■LC video: Straaljager neergestort bij Bitgum
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加