シコルスキーとTAI、トルコでS-70をT70として製造で合意 | FlyTeam ニュース

【FlyTeam・レイルラボ】オフ会 in 能登!日本航空学園 格納庫見学 と 貸切「のと里山里海号」 詳しくは、こちら>>

シコルスキーとTAI、トルコでS-70をT70として製造で合意

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:T70としてTAIで製造するS-70i

T70としてTAIで製造するS-70i

ロッキード・マーティン傘下のシコルスキーは2016年6月16日(木)、トルコ多用途ヘリコプタープログラム(TUHP)としてトルコ政府、ターキッシュ・エアロスペース・インダストリー(TAI)とシコルスキーのブラックホーク多用途ヘリコプタープログラムをT70ヘリコプターとして製造する契約を締結しました。

TUHPは今後10年間に渡り、T70を109機製造するもので、トルコの陸軍、空軍、ジャンダルマ(憲兵隊)、特殊部隊、国家警察、森林管理局の6機関に2021年から納入されます。この製造とあわせ、TAIはS-70iブラックホークをベースに、109機分を東欧、中央アジア、アフリカへ輸出することができ、シコルスキーと共にマーケティング活動を展開します。

シコルスキーは2016年後半から、トルコでT70の製造ラインの構築をめざし、TAIにエンジニアリングのデータを提供し、2018年には初期5機分のノックダウン生産にむけたキットを供給、2021年にはトルコ製造のT70がトルコ政府から型式証明を得る計画です。TAIは最大でT70とS-70iで最大600機分の製造オプションがあります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加