アメリカ空軍のB-52、訓練飛行中にエンジン1基が脱落も無事着陸 | FlyTeam ニュース

アメリカ空軍のB-52、訓練飛行中にエンジン1基が脱落も無事着陸

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エンジン脱落のインシデントが発生したB-52、イメージ

エンジン脱落のインシデントが発生したB-52、イメージ

  • ニュース画像 2枚目:プラット・アンド・ホイットニーのTF33-P-3ターボファンエンジン

アメリカ空軍マイノット空軍基地に所属するB-52爆撃機から、エンジンが脱落するインシデントが発生しました。アメリカabc、Defense Newsなどが伝えています。

この事故は2017年1月3日(水)、マイノット空軍基地付近で訓練中に発生したもので、B-52に搭載する8発エンジンのうち1発が脱落したものです。報道によると、この機は緊急事態を宣言し、マイノット空軍基地に無事に着陸しました。搭乗していた5名の乗組員も全員、無事でした。

脱落したエンジンは基地の北東、およそ25マイルでの居住者のいない場所で発見され、UH-1Nヒューイで回収されました。

なお、B-52にはプラット・アンド・ホイットニーのTF33-P-3ターボファンエンジンが搭載されています。B-52は1952年に初飛行し、アメリカ空軍では2040年まで運用を継続する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加