羽田空港、アメリカ大統領就任晩餐会総料理長が監修した「焼売」を販売中 | FlyTeam ニュース

羽田空港、アメリカ大統領就任晩餐会総料理長が監修した「焼売」を販売中

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

東京エアポートレストランは、アメリカ大統領就任晩餐会総料理長を歴任した山本秀正氏が監修する焼売を羽田空港で販売しています。販売店舗は、第1、第2ターミナル内の空弁工房、第1シーサイド、アーツデリで、緑の豆と海鮮の焼売、キノコと鶏肉の焼売、鹿児島豚と山芋のワサビ風味焼売の3種類が4個ずつ入った12個入りの「三種焼売」が、税込1,980円で販売されています。

監修した山本氏は28歳でワシントンD.C.のリッツカールトンの総料理長を務め、以降3代にわたるアメリカ大統領の就任晩餐会総料理長を歴任しています。現在は、世界各国で9店舗を展開し、羽田空港のおいても物販のスイーツなどをプロデュースしています。

詳しくは、東京エアポートレストランのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加