フィンエアー、イベリア航空からA330ウェットリース期間を延長 5月まで | FlyTeam ニュース

フィンエアー、イベリア航空からA330ウェットリース期間を延長 5月まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

フィンエアーは、2017年5月1日(月)まで、イベリア航空からA330のウェットリース期間を延長すると発表しました。フィンエアーは、イベリア航空からリースしたA330を1月10日(火)から1月31日(火)まで、ヘルシンキ/マイアミ線で運航すると発表しており、これを延長したものです。

リース契約の内容は、イベリア航空の機材に運航乗務員、客室乗務員が乗務し、フィンエアーの客室乗務員2名が乗務し、サービスコンセプトを維持します。この機材はビジネス36席、エコノミー242席のA330-300です。

これにより、フィンエアーは導入を進めているA350について、A330のパイロットを対象に移行訓練を進めます。

期日: 2017/05/01まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加