名大、2月20日に「マルチコプター2.0時代へ」開催 ドローンのデモ飛行も | FlyTeam ニュース

名大、2月20日に「マルチコプター2.0時代へ」開催 ドローンのデモ飛行も

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:マルチコプター2.0時代へ

マルチコプター2.0時代へ

名古屋大学大学院工学研究科は2017年2月20日(月)、日比科学技術振興財団と「テクノシンポジウム名大」を開催します。「マルチコプター2.0時代へ 空の産業革命を迎えて」をテーマに、講演、ドローンのデモ飛行が行われる予定でイベントの参加費は無料、かつ事前登録なしで参加可能です。

講演の会場は、名古屋大学東山キャンパス野依記念学術交流館で、12時30分から受付、13時から17時30分まで開催されます。また、ドローンのデモ飛行は豊田講堂前広場で、15時30分ごろから実施される予定です。

講師には、世界的に有名なドローンの第一人者の野波健蔵さん、ドローンのベンチャービジネスに挑む大学院生の金田賢哉さんと此村領さん、「空飛ぶクルマ」を目指す若手技術者グループのリーダーとして中村翼さんが登壇し、マルチコプターのこれまでの成果と次の「2.0時代」の展開まで、理解できる機会となります。

なお、荒天時はドローンのデモ飛行を中止し、講演2件を繰り上げ、参加者全員によるパネルディスカッションが実施される予定です。詳しくは、名古屋大学のウェブサイトを参照ください。


■テクノシンポジウム名大「マルチコプター2.0時代へ 空の産業革命を迎えて」
12:30〜 開場・参加受付開始
13:00〜13:05 挨拶:新美智秀教授 (名古屋大学大学院工学研究科長)
13:05〜14:00 講演1:「ドローンの先端技術とビジネス最前線」
   講師:野波健蔵氏 (千葉大学特別教授、自律制御システム研究所代表取締役)
14:00〜14:05 休憩
14:05〜14:45 講演2:「強風環境下におけるマルチコプターの安定化による台風観測への挑戦」
   講師:森浩一氏 (名古屋大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 准教授)
14:45〜15:20 講演3:「ドローンを利用した非GPD環境下での構造物点検事例」
   講師:石田敦則氏 (三信建材工業 代表取締役)

15:20〜15:40 休憩・移動時間
15:40〜16:00 ドローンデモンストレーション フライト (会場:豊田講堂前広場)
16:00〜16:20 移動時間
16:20〜16:55 講演4:「産業化へ向けた要素技術開発」
   講師:金田賢哉氏、此村領氏 (本郷飛行機)

16:55〜17:30 講演5:「世界最小の空飛ぶクルマ ‘SkyDrive ’の開発」
   講師:中村翼氏 (CART!VATOR 代表)
17:30〜17:35 クロージング

期日: 2017/02/20
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

関連ジャンル ニュース

このニュースの関連ジャンルの新着ニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加