KLM、アムステルダムのラウンジ25でセルフサービスの入場システム導入 | FlyTeam ニュース

KLM、アムステルダムのラウンジ25でセルフサービスの入場システム導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:セルフサービスで入場できるキオスク

セルフサービスで入場できるキオスク

  • ニュース画像 2枚目:搭乗券をスキャン
  • ニュース画像 3枚目:モバイルでも入場が可能

KLMオランダ航空は2017年1月11日(水)、アムステルダム・スキポール国際空港のシェンゲン域内にある「ラウンジ25」で、セルフサービスで入場できるキオスクを設置したと発表しました。

KLMオランダ航空は2016年に3,000万人以上もの乗客を輸送し、その数はこれからも増加する見通しであり、ラウンジ利用者も増加していくことが予想されることから、利用者がより早くスムーズにラウンジに入場できるよう設置されたものです。

搭乗券をスキャンするだけで入場できる仕組みで、現在、試験機が導入されており、顧客やスタッフなどのフィードバックを反映し、最終版が導入されます。KLMオランダ航空、エールフランス航空の搭乗者は既に利用でき、その他の利用者も徐々に利用できるようになるとしています。

詳しくは、KLMオランダ航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加