国土交通省、成田空港の機能強化で範囲変更に関する公聴会を開催 1月31日 | FlyTeam ニュース

国土交通省、成田空港の機能強化で範囲変更に関する公聴会を開催 1月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は2017年1月31日(火)14時から、成田空港の範囲の変更に関する公聴会を千葉県山武郡の芝山文化センターで開催します。

国土交通省は首都圏空港の更なる機能強化を進めており、成田空港では高速離脱誘導路の整備し、1時間あたりの滑走路処理能力を現行の68回から72回へ拡大する計画が立てられています。これに伴い、成田空港は2016年12月に、エプロン、誘導路等の整備について、航空法第43条の規定に基づく変更許可申請を行いました。

ただし、この整備は空港の範囲の変更を生じることから、公聴会が開催されます。なお、傍聴は申込順で100人以内で選定されます。希望する場合は2017年1月18日(水)17時まで必着で往復はがきでの申し込みが必要です。

詳しくは、国土交通省のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/01/18から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加