川崎重工、空自・陸自にCH-47J/JAを計100機納入を達成 | FlyTeam ニュース

川崎重工、空自・陸自にCH-47J/JAを計100機納入を達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:川崎重工が手がけるCH-47JA

川崎重工が手がけるCH-47JA

川崎重工は2017年1月17日、陸上自衛隊、航空自衛隊向け輸送ヘリコプターのCH-47J、CH-47JAの100機目を納入したと発表しました。100機目は陸上自衛隊第1ヘリコプター団向けのCH-47JAでした。

CH-47は、陸自の輸送ヘリコプター「V-107」の後継機として川崎重工業がライセンス生産を行っているタンデムローター式の機体です。機体前後上方にローター・ブレードがあり、機体後部に物資等の搭載・卸下が容易に行える大型ランプ・ドアを備え、操縦性、安定性が高く、災害対処、人員輸送、国際任務など幅広く活躍しています。

川崎重工は、ボーイングとライセンス契約後、CH-47Jの製造を開始し、陸上自衛隊向けに1986年度から計69機を納入、空自衛隊向けには1986年度から2012年度までに計31機を納入しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加