ボーイング、2月17日に787-10初号機をロールアウトへ | FlyTeam ニュース

ボーイング、2月17日に787-10初号機をロールアウトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:最終組立中の787-10

最終組立中の787-10

ボーイングは開発を進めている787-10初号機を2017年2月17日(金)、サウスカロライナ州のノースチャールストン工場でロールアウトします。同社がメディア向け情報として明らかにしています。

787-10はノースチャールストン工場でのみ製造し、ロールアウトする初号機はラインナンバーが528、ボーイングでは「ZC001」としている機体です。2016年に組立を開始し、2017年に初飛行、2018年の初号機引き渡しのスケジュールで開発されており、このスケジュール通りで進捗しています。

787-10は、日本の航空会社は全日空(ANA)が2015年3月に3機を発注しており、このほか、シンガポール航空、エティハド航空、エア・リース・コーポレーションがいずれも30機ずつをはじめ、エバー航空、ユナイテッド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、GECAS、エールフランス・KLMが発注しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加