ANA、4月からロボットスーツの検証業務を拡大 有効性検証を継続実施 | FlyTeam ニュース

ANA、4月からロボットスーツの検証業務を拡大 有効性検証を継続実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA)は2017年4月1日(土)から2018年3月31日(土)まで、サイバーダインのロボットスーツ「HAL作業支援用(腰タイプ)」の活用によるトライアルを拡大します。2016年11月から成田空港で実施していた検証で、一部業務による作業負荷低減の効果を確認することができたため、業務を拡大して検証を継続します。

4月からの検証では、使用台数は25台に増やし、手荷物取扱業務、貨物取扱業務、航空機部品の運搬業務などで、重量物の運搬に伴う腰部への負荷低減や生産性向上を検証します。詳しくは、ANA、成田空港、またはサイバーダインのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/04/01 〜 2018/03/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加