ペンス副大統領、4月18日から19日に来日 空母ロナルド・レーガンも訪問 | FlyTeam ニュース

ペンス副大統領、4月18日から19日に来日 空母ロナルド・レーガンも訪問

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:アメリカ空軍 C-32

アメリカ空軍 C-32

アメリカのマイク・ペンス副大統領が2017年4月18日(火)と4月19日(水)の2日間、来日します。副大統領は4月15日(土)から4月25日(火)まで、韓国を皮切りに、日本、インドネシア、オーストラリア、ハワイを巡る予定です。

日本では、麻生副総理と日米経済対話を予定しているほか、安倍首相を表敬する予定となっています。安全保障関連では、横須賀に寄港中の空母「ロナルド・レーガン(CVN-76)」を訪れます。

この来日に伴い、757-200をベースとしたアメリカ空軍のC-32A、さらに随行機として737-700をベースとするC-40B/Cなどが羽田空港、または横田基地に飛来するとみられます。

C-32Aは、副大統領や大統領夫人、国務長官、または国務大臣クラスや上下院議長なども使用します。機体は757-200と同じですが、最新のアビオニクスを装備しています。機内は4つのセクションに分かれ、前方はコミュニケーションセンター、ギャレー、トイレに加え、ビジネスクラスのシート10席、第2セクションは搭乗者の最高位向けのVIPエリアでファーストクラスのシート、ベッドや独立したエンターテインメントシステム、専用トイレなどが備えられています。3番目のセクションにはビジネスクラスのシート8席と会議設備、最後尾のセクションにはビジネスクラスのシート32席、ギャレーなどが設けられています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加