JAXA、超小型衛星利用で九州工業大学と包括的連携協力協定を締結 | FlyTeam ニュース

JAXA、超小型衛星利用で九州工業大学と包括的連携協力協定を締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年4月19日(水)、九州工業大学と「きぼう」日本実験棟から超小型衛星放出の利用開拓を進めるため、包括的な連携協力協定を締結しました。JAXAは「きぼう」を研究開発基盤として定着化させ、利用成果の最大化を目指しています。九州工業大学は、2017年1月にJAXAと連携して超小型衛星を「きぼう」から放出し、成功させるなど、超小型衛星の利用拡大で積極的に取り組んでいます。

協定の締結でJAXAは、九州工業大学と協力してユーザ開拓・プロモーションを積極的に進め、超小型衛星の利用を企画、検討している国内外の政府機関や大学などに「きぼう」から超小型衛星放出プラットフォームを効果的に提供することが可能となります。

また、今後も有償利用に加え、国際協力で「きぼう」から超小型衛星放出が計画されており、放出能力も順次増強する予定です。JAXAは九州工業大学と補完しあい、新たなサービスを構築し、商業化を視野に入れた基礎づくりを実施する方針です。詳しくは、JAXAのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加