バンコクエアウェイズ、ATR-72-600の9機目を受領 ATR機は15機に | FlyTeam ニュース

バンコクエアウェイズ、ATR-72-600の9機目を受領 ATR機は15機に

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:受領した新機材「HS-PZJ」

受領した新機材「HS-PZJ」

バンコクエアウェイズは2017年4月20日(木)、新たなATR-72-600を受領したと発表しました。ATR72-600としては9機目となる機体記号(レジ)「HS-PZJ」で、ATR-72-500の6機とあわせ、同社のATR機は計15機となりました。同社はさらにATR-72-600を1機、導入する予定です。

このATR-72-600はグラスコクピット化され、運航乗務員の業務を支援する仕様となっているほか、客室では頭上の荷物入れが広くなり、シートの快適性も高められています。この機材は、バンコクエアウェイズが運航するプーケット、スコータイ、トラット、ランパーンなどタイ国内線に加え、ラオスのルアンパバーン、ミャンマーのヤンゴン、カンボジアのシェムリアップなど国際線にも投入されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加