航空局、福岡空港運営の民間委託の募集要項を発表 公募選定手続きを開始 | FlyTeam ニュース

航空局、福岡空港運営の民間委託の募集要項を発表 公募選定手続きを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は、2019(平成31)年4月から福岡空港の運営を民間委託について、募集要項を発表しました。同空港は年間旅客数は約2,137万人と、国管理空港の民間委託の案件のうち、仙台、高松の3件で最大規模の旅客数の空港です。仙台、高松と同様に滑走路とターミナルを民間企業が一体運営し、路線の誘致や利用者サービスの向上で民間のノウハウをつぎ込み、インバウンドや格安航空会社(LCC)需要などの取り込みが狙いです。

委託期間はすでに発表されている通り、最長30年間、不可抗力などによる延長を含めると最長35年間で、事業範囲は空港運営等事業、ターミナルビル事業、駐車場事業 等です。国が公募、運営権者を選定します。募集に伴い、航空局は2017年5月26日(金)14時から説明会を開催します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加