春秋航空日本、6月発券分以降の日本発着燃油サーチャージは据え置き | FlyTeam ニュース

春秋航空日本、6月発券分以降の日本発着燃油サーチャージは据え置き

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

春秋航空日本(Spring Japan)は2017年6月1日(木)から7月31日(月)の発券分まで、日本発国際線旅客の燃油サーチャージを5月末発券分と同額を徴収すると発表しました。対象路線は、成田発着の重慶、武漢、天津、ハルビン線で、徴収する燃油サーチャージ額は、日本発が1区間片道1,500円となります。

春秋航空日本は燃油サーチャージの改定を2カ月毎に行っており、2017年4月から2017年5月のシンガポール市場における航空燃油市場価格に基づいて燃油サーチャージ額を設定しています。なお、詳しくは、春秋航空日本のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/06/01 〜 2017/07/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加