ボーイング、顧客名非公表の大手航空会社と737 MAX 8を125機契約 | FlyTeam ニュース

ボーイング、顧客名非公表の大手航空会社と737 MAX 8を125機契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ボーイング 737 MAX 8

ボーイング 737 MAX 8

ボーイングは2017年6月22日(木)、「パリ・エアショー2017」で顧客名非公表で737 MAX 8を125機、購入契約を締結したと発表しました。契約総額はカタログ価格で140億ドル相当です。ボーイングは、この顧客について大手航空会社としています。この契約分は、確定次第、ボーイングの発注・納入リストに掲載されます。

ボーイング737 MAXファミリーについて、世界各地から強い引き合いがあるとコメントしており、今回の契約もそれを示すものとしています。737 MAXは市場で最先端の性能を持ち、特に効率性、信頼性、旅客の快適性では群を抜き、航空会社の利益確保に貢献できる機材だと説明しています。ボーイングはパリ・エアショー2017で発表した今後20年の市場予測で、格安航空会社(LCC)や市場の拡大に伴い、単通路機のセグメントは最も大きな成長を予想しており、737 MAXなどは29,530機の需要があると予想しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加