防衛装備庁、将来戦闘機用エンジン要素のコアエンジン試作品をIHIから受領 | FlyTeam ニュース

防衛装備庁、将来戦闘機用エンジン要素のコアエンジン試作品をIHIから受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:コアエンジンその構造、防衛装備庁の資料

コアエンジンその構造、防衛装備庁の資料

防衛装備庁は2017年6月28日(水)、戦闘機用エンジン要素の研究試作品として「コアエンジン」が納入されたと発表しました。これはIHIと契約しているもので、先進技術実証機X-2に搭載されている実証エンジンXF5-1を発展させ、プロトタイプエンジン「XF9-1」として開発をめざしています。

納入されたのは高圧タービン、燃焼器、圧縮機で構成するコアエンジンで、ジェットエンジンの心臓部と言える部分です。特徴は、日本が得意とする耐熱材料技術などで製造した部品で構成し、世界トップクラスの最大高圧タービン平均入口温度として1,800度を目標性能として作動します。将来戦闘機用のエンジン実現をめざした「XF9-1」は2018年6月までに試作し、その性能を確認します。「XF9-1」は、目標としてアフターバーナー作動時は15トン以上、てアフターバーナー非作動時は11トン以上をめざしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加