航空科学博物館、8月は無休 飛行機工作教室や気象の企画展などを開催へ | FlyTeam ニュース

航空科学博物館、8月は無休 飛行機工作教室や気象の企画展などを開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

成田空港近くの航空科学博物館は、2017年8月のイベント内容を公表、8月1日(火)は「開館28周年記念行事」として、来館者全員に記念グッズをプレゼントします。また、お盆期間に合わせ8月13日(日)、8月14日(月)、8月15日(火)の3日間は、「飛行機工作教室」や「エアロフィルム上映会」の開催を予定しています。

同館では8月1日(火)から10月29日(日)まで、企画展示「航空×空気×気象~天気のふしぎを科学する~」が開催されます。航空機の運航に欠かせない気象情報について、一般的な天気のしくみから、実際の飛行機の運航に天気がどのように関わっているのか、実験装置や解説パネル、観測機器の実物で紹介します。

なお、航空科学博物館は、夏休み期間中の7月24日(月)から8月31日(木)までは無休で開館します。また、8月中は開館時間を1時間早め、9時から17時まで開館します。

■航空科学博物館 8月イベント
・航空科学博物館開館28周年記念行事
 日時:8月1日(火) 
 内容:来館者全員に記念グッズをプレゼント
・飛行機工作教室
 日時:8月13日(日)、8月14日(月) 、8月15日(火)  13時~14時30分
 場所:航空科学博物館1階多目的ホール
 費用:材料費300円 
 先着40名まで (原則小学生以上) 
・エアロフィルム上映
 日時:8月13日(日)、8月14日(月) 、8月15日(火)  10時~
 場所:航空科学博物館1階多目的ホール
 内容:航空機の飛ぶしくみ、運航に携わるスタッフの仕事紹介
・日大生産工学部コラボ企画「飛行機が飛ぶ原理で風力発電」
 日時:8月11日(金)、8月12日(土) 
 場所:航空科学博物館1階多目的ホール
 内容:小学生を対象の翼型風車の工作教室
   風車や飛行機の翼のメカニズムを大学教授が直接指導
・プロが教える「夏休みAMラジオ制作教室」
 日時:8月26日(土)13時〜15時
 場所:航空科学博物館1階多目的ホール 
 内容:はんだ付けやエナメル線巻きで、簡単なAMラジオ組み立て。
   航空無線、通信のしくみについて理解を深める
・企画展示「航空×空気×気象~天気のふしぎを科学する~」
 日時:8月1日(火)~10月29日(日)
 場所:航空科学博物館2F展示室
・航空キッズアート展
 募集期間:4月1日(土)~9月30日(土)
 展示期間:11月1日(水)~11月30日(木)
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加