伏木港開港118周年ポートフェスティバル、巡視船「やひこ」など一般公開 | FlyTeam ニュース

伏木港開港118周年ポートフェスティバル、巡視船「やひこ」など一般公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

「伏木港開港118周年 ポートフェスティバル2017 in 伏木」は2017年7月29日(土)、富山県高岡市と富山市、射水市の伏木港で開催されます。開催時間は9時45分にオープニング、催しは10時から15時30分です。

当日公開される艦艇・船舶は護衛艦「おおなみ(DD-111)」、富山県引船「日本海」、ヘリコプター甲板が備えられている伏木海上保安部巡視船「やひこ(PL-04)」と巡視艇「たちかぜ」、高岡市消防本部消防艇「やまと」、伏木税関支署広域監視艇「たてやま」と伏木富山港湾事務所港湾業務艇「なごかぜ」の7隻です。

中心となる会場は伏木港左岸で、一部は伏木地区万葉3号岸壁です。フェスティバルにはさまざまな港で働く船が集合し、スタンプラリー、体験航海、放水体験などとあわせ、普段は見られない船内が一般公開され、見学できます。また、当日はステージショーが11時からと13時30分からの2回、それぞれ20分ずつ開催され、高岡市観光大使のあみたん娘が登場します。スタンプラリーでは、先着600名の子ども限定で記念品がプレゼントされます。詳しくは伏木海上保安部のホームページ、PDFを参照ください。

期日: 2017/07/29
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加