第二管区、7月16日に「くりこま」を一般公開 海猿使用の救難器材も展示 | FlyTeam ニュース

第二管区、7月16日に「くりこま」を一般公開 海猿使用の救難器材も展示

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

第二管区海上保安本部は2017年7月16日(日)、宮城県塩竈市で開催される「第70回塩竈みなと祭」にあわせ、巡視船「くりこま(PL-06)」を一般公開します。会場は仙台塩釜港塩釜区西ふ頭で、開催時間は第1部が11時から12時30分、第2部が13時30分から15時です。

巡視船「くりこま」にヘリコプターの搭載はありませんが、ヘリコプター甲板や給油設備が装備されています。また、「くりこま」は第二管区で唯一、潜水士「海猿」が乗船している救難強化巡視船であることから、「海猿」が使用している救難器材を展示します。このほか、会場周辺で制服試着、イメージキャラクター「うみまる」との記念撮影なども実施します。

なお、「第70回塩竈みなと祭」は7月16日(日)は前夜祭として花火大会と催し、7月17日(月・祝)に本祭を開催します。詳しくは、第二管区海上保安本部、または塩竈みなと祭のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/07/16
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加