デルタ航空、成田発着グアム、サイパン、パラオ線の機材をアップグレード | FlyTeam ニュース

デルタ航空、成田発着グアム、サイパン、パラオ線の機材をアップグレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:デルタ航空、成田発着の757-200をアップグレード

デルタ航空、成田発着の757-200をアップグレード

デルタ航空は2017年8月4日(金)、11月中旬から日本発着の短距離リゾート路線の機材をアップグレードすると発表しました。

対象路線は、成田発着のグアム、サイパン、パラオ線で、現在使用している757-200を順次改装し、足元が広く、リクライニング角度が深い「デルタ・コンフォートプラス」席を20席増やし、全座席に個人用モニター、110ボルトの電源とUSBポートを装備します。改装後は、ビジネスクラス20席、デルタ・コンフォートプラス41席、エコノミークラス「メインキャビン」132席の全193席となり、機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」が個人モニターで楽しめるようになります。

なお、新仕様の機材は成田/サイパン線は11月17日(金)から、成田発着のグアム、パラオ線は11月18日(土)から導入予定となっています。詳しくは、デルタ航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/11/17 〜 -1/11/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加