ANA、DHC-8-400「JA463A」を新規登録 4年ぶりのQ400新機材 | FlyTeam ニュース

ANA、DHC-8-400「JA463A」を新規登録 4年ぶりのQ400新機材

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ANAのDHC‐8-400

ANAのDHC‐8-400

全日空(ANA)は2017年7月、国土交通省航空局に対し、DHC-8-400、機体番号(レジ)「JA463A」の機体新規登録を申請、同機は2017年7月5日(水)付けで登録されました。ANAにおけるDHC-8-400の新機材導入は、2013年7に導入した「JA462A」以来4年ぶりとなります。

「JA463A」は、2016年8月に予約登録が申請されていた、ANAウイングス向けの機材です。ANAは、「JA464A」、「JA465A」を含めた3機を追加導入する計画で、2016年3月開催の取締役会での決議に基づき、同年6月に約115億円でボンバルディアと契約を締結していました。

なお、「JA464A」は2017年9月、「JA465A」は2017年12月の受領が予定されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加