横田基地、8月14日から20日までサムライ即応演習を実施 PASなどを使用 | FlyTeam ニュース

横田基地、8月14日から20日までサムライ即応演習を実施 PASなどを使用

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ空軍横田基地は2017年8月14日(月)から8月20日(日)までの7日間、サムライ即応演習(SRTW)を実施します。サムライ即応演習は、化学兵器による攻撃を受けたことを想定し、有事における即応態勢の維持、強化を図る訓練です。なお、今回の演習では航空機の運用予定はありません。

なお、大音量の出る特殊スピーカーを使用しサイレンや広報を行うパブリック・アドレス・システム(PAS)やバッシュ・キャノンを使用する予定です。一方、金属製の容器内で爆発物を破裂させ、爆発音を発生させるグラウンド・バースト・シミュレーター(GBS)や煙幕は使用しません。

期日: 2017/08/14 〜 2017/08/20
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加