北海道庁、8月17日と18日に「北海道の宇宙開発展2017」を開催 | FlyTeam ニュース

北海道庁、8月17日と18日に「北海道の宇宙開発展2017」を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

北海道庁で2017年8月17日(木)と8月18日(金)の2日間、ロケットの打上げや人工衛星の開発など道内での取り組みを紹介する「北海道の宇宙開発展」が開催されます。場所は北海道庁1階の道政広報コーナーで、時間は8月17日(木)が10時から17時、8月18日(金)が11時から15時です。

このイベントでは、2017年7月30日(日)に大樹町から打上げたインターステラテクノロジズ社の観測用ロケット「MOMO」の模型展示や、道内の宇宙開発実験拠点の大樹町、北海道大学、植松電機、室蘭工業大学のパネル展示のほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるロケットの仕組みを紹介するコーナーが設けられます。また、小学生を対象に、カメラのフィルムケースと紙でロケットをつくるフィルムケースロケット工作体験も開催されます。

なお、フィルムケースロケット工作体験は事前予約制で、先着50名のみ受け付けます。参加を希望する方は、必要事項を記入し、eメール、またはFAXを北海道経済部科学技術振興室へ送付ください。なお、開催時間は8月17日(木)が10時から11時まで、13時から14時まで、15時から16時まで、8月18日(金)が10時から11時まで、13時から14時までの合計5回の実施です。詳しくは、北海道庁のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/08/17 〜 2017/08/18
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加