横田基地フレンドシップフェスティバル、B-1Bランサー展示へ | FlyTeam ニュース

横田基地フレンドシップフェスティバル、B-1Bランサー展示へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:B-1Bランサー、アンダーセン空軍基地

B-1Bランサー、アンダーセン空軍基地

  • ニュース画像 2枚目:2016年のフレンドシップフェスティバ
  • ニュース画像 3枚目:2016年は13万5,000人が2日間で訪問

アメリカ空軍横田基地は2017年9月16日(土)と9月17日(日)の2日間、「横田基地日米友好祭/フレンドシップフェスティバル」を開催します。開門時間は例年通り、9時から20時まで、友好祭の開催時間は21時までとなります。一般開門ゲートは第5サプライ、牛浜ゲートです。

この催しのうち、横田基地は地上展示機を9月8日付で発表、例年通り、豊富な機種が展示される予定です。特に2017年は横田基地の第374空輸航空団隷下、第36空輸飛行隊(36AS)がC-130HからC-130Jへ機材更新が進められており、同基地の主力2機種が展示されるほか、例年の三沢基地に代わり10月末まで横田基地に展開しているRQ-4が展示されます。また、9月10日(日)の三沢基地航空祭での公開に続き、日本国内でB-1Bランサーが2週連続で展示され、特に関東圏での公開となることから人気を集めるとみられます。

展示機種はアメリカ空軍を含む在日米軍などを主力に22機種、航空自衛隊をはじめ自衛隊からは10機種が展示されるほか、軽飛行機も公開される予定です。なお、展示機は状況によって、変更となる場合があります。

■2017年開催の日米友好祭地上展示機
・アメリカ軍 航空機
MC-130H
MC-130J
A-10
HH-60G
F-16
B-1B
F-15C
C-17
KC-135
E-3
CH-53
AH-1Z
MH-60R
MV-22
P-8
UH-60
UC-35
RQ-4
UH-1N
C-12J
C-130J
C-130H
・自衛隊機
KC-767
T-400
AH-1S
OH-6
F-15
F-2
RF-4
T-4
U-125A
CH-47J
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加