空自、フレンドシップフェスティバルでC-130Hで物料投下を披露 | FlyTeam ニュース

空自、フレンドシップフェスティバルでC-130Hで物料投下を披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

横田基地で2017年9月16日(土)と9月17日(日)の2日間に開催される「横田基地日米友好祭/フレンドシップフェスティバル」に合わせ、航空自衛隊のC-130H輸送機が参加、物料投下を披露します。友好祭の開催を前に、9月11日(月)に飛行経路の確認、9月15日(金)に予行を実施する予定です。北関東防衛局が立地自治体の立川市、福生市などに告知しています。

これに伴い、東京都と横田基地周辺市町連絡協議会は航空幕僚長に対し、友好祭で物料投下の飛行展示にあたり、徹底した安全対策を行うこと、航空機の曲技飛行とも見てとれる危険な飛行行為を行わないこと、航空機騒音を最小限に止めるよう努めること、横田基地での自衛隊による航空機の飛行展示や訓練が常態化しないよう要請しています。

横田基地での日米友好祭は、 2日間とも9時から21時まで開催、入場は第5サプライ牛浜ゲートです。アメリカ軍、自衛隊などの航空機地上展示のほか、屋内外ステージ演出が実施され、9月17日(日)には20時20分に花火が打ち上げられます。詳しくは、東京都、福生市、立川市のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/09/11 〜 2017/09/17
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加