空自第404飛行隊と豪空軍第33飛行隊、シスタースコードロンを締結 | FlyTeam ニュース

空自第404飛行隊と豪空軍第33飛行隊、シスタースコードロンを締結

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:オーストラリア空軍 KC-30A

オーストラリア空軍 KC-30A

  • ニュース画像 2枚目:航空自衛隊 KC-767J

オーストラリア空軍(RAAF)本部長のギャヴィン・デイヴィーズ中将が2017年9月3日(日)から9月6日(水)まで訪日し、杉山良行航空幕僚長と意見交換し、航空自衛隊第404飛行隊とオーストラリア空軍第33飛行隊のシスタースコードロンの関係締結で合意しました。

第404飛行隊は、小牧基地に所在する航空支援集団第1輸送航空隊隷下の空中給油・輸送機部隊で、KC-767J空中給油・輸送機を運用しています。またRAAFの第33飛行隊はクィーンズランド州のアンバレー空軍基地に所在する第86航空団隷下の空中給油・輸送機部隊で2011年からA330-200MRTTの「KC-30A」を運用しています。航空自衛隊はこの提携を受け今後、オーストラリア空軍との相互理解を深め、信頼関係を強化する狙いから部隊間交流を進めます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加