三沢基地航空祭、F-35BやB-1B展示 ブルーインパルスも晴天の下演技 | FlyTeam ニュース

三沢基地航空祭、F-35BやB-1B展示 ブルーインパルスも晴天の下演技

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:三沢基地で展示飛行したブルーインパルス

三沢基地で展示飛行したブルーインパルス

  • ニュース画像 2枚目:9月9日にB-1B、三沢基地に着陸
  • ニュース画像 3枚目:F-16 ファイティングファルコン
  • ニュース画像 4枚目:空自F-2とアメリカ空軍F-16がタキシング

三沢基地で2017年9月10日(日)、「三沢基地航空祭」が開催されました。アメリカ空軍によると、日曜日にはおよそ10万人以上が来場したと明らかにしています。当日は北部航空音楽隊と太平洋空軍音楽隊の演奏などの披露をはじめ、さまざまな企画で基地を訪れた人たちを楽しませました。

2017年の航空祭は、岩国基地から飛来したF-35BライトニングIIの「VK-01」「VK-02」が参加し、三沢基地で初めてF-35が披露されたほか、9月9日(土)に東シナ海で航空自衛隊の第9航空団と訓練した後のB-1Bランサー「85-0081」が飛来し、地上展示されました。地上展示に加え、9時から予定されていた展示飛行が披露され、ブルーインパルスの晴天の下で演技を披露しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加