セブパシフィック、チャンギ空港ターミナル変更に伴い初便と最終便を発表 | FlyTeam ニュース

セブパシフィック、チャンギ空港ターミナル変更に伴い初便と最終便を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ターミナル4、出発ホール

ターミナル4、出発ホール

セブパシフィック航空は2017年9月8日(金)、シンガポール・チャンギ国際空港の利用ターミナルを11月2日(木)から変更すると発表しました。合わせて、現在使用しているターミナル2の最終便、移転するターミナル4の始発便も公表しました。

ターミナル2の最終便は、マニラ発23時20分、シンガポール着翌3時の5J803便、シンガポール発4時、マニラ着7時50分の5J804便です。ターミナル4での始発便は、マニラ発5時30分、シンガポール着9時15分の5J813便、シンガポール発10時35分、マニラ着14時30分の5J814便です。

セブパシフィック航空は、マニラ/シンガポール線を1日3往復便を運航しているほか、セブ、マニラ・クラーク発着で週12便、ダバオとイロイロ発着で週2便のシンガポール線を運航しています。いずれの路線も、11月2日(木)からターミナル4を発着します。詳しいスケジュールはセブパシフィック航空のウェブサイト、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2017/11/02から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加