防衛省、秋田県内陸南部を震源とする地震に係る自衛隊の対応について公表 | FlyTeam ニュース

防衛省、秋田県内陸南部を震源とする地震に係る自衛隊の対応について公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

防衛省は2017年9月8日(金)22時23分頃、秋田県内陸南部を震源に発生した地震に伴い、自衛隊の対応について公表しました。

この発表によると、4機の航空機が対応に当たりました。防衛省は、22時26分に防衛省災害対策連絡室設置を設置し、23時5分に陸上自衛隊第9飛行隊からのOH-6が1機、八戸駐屯地を離陸し、23時16分に海上自衛隊第2航空隊のP-3Cと、陸上自衛隊第9飛行隊第9飛行隊のUH-1、各1機ずつが八戸航空基地と八戸駐屯地をそれぞれ離陸、23時24分に航空自衛隊秋田救難隊のUH-60が1機、秋田基地を離陸しています。

航空機による情報収集活動は翌日の1時43分までに終了し、被害は確認されていません。詳しくは防衛省のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/09/09
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加