JAL、トリップアドバイザーと訪日旅客の国内旅行の需要喚起で協業 | FlyTeam ニュース

JAL、トリップアドバイザーと訪日旅客の国内旅行の需要喚起で協業

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)とトリップアドバイザーは2017年9月11日(月)、訪日旅客の増加が見込まれる2020年に向け、訪日旅客の国内旅行を喚起する取り組みを共同で展開すると発表しました。トリップアドバイザーのサイト上に日本特集サイトを構築し、日本の知られざる魅力「Untold Stories of Japan」を発信します。

トリップアドバイザーのユニークセッションデータによると、世界の旅行者の日本への関心は年々高まりを見せ、日本関連ページの閲覧者は過去4年間に毎年、平均30%の増加を記録しています。ただし、閲覧先は認知度の高い東京、大阪、京都といった都市に偏りがあります。新たに構築する日本特集サイト「Untold Stories of Japan(知られざる日本)」は、認知度は高くないものの魅力的な各地域、都市、施設に焦点を当てます。

特集サイトは2017年10月中旬以降の公開を予定しており、東北地方を皮切りに、九州地方、沖縄、東京近郊の都市に焦点をあてた映像コンテンツを中心に展開します。デスクトップ、タブレット、モバイルから閲覧でき、英語、中国語・繁体字、タイ語など多言語に対応します。

トリップアドバイザーは49カ国・地域でサイトを展開し、月間来訪者数は約4億1500万人と世界最大の旅行情報サイトで、JALは今回の協業で独自の日本コンテンツを提供するほか、情報支援などを行います。また、両社は協力して2020年までコンテンツを拡充し、地方自治体・企業・観光施設などと連携し、特集サイトを充実させます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加