KLMのフォッカー、ロンドンで始まりロンドンで終わる 10月28日に最終便 | FlyTeam ニュース

KLMのフォッカー、ロンドンで始まりロンドンで終わる 10月28日に最終便

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:フォッカー70、フォッカー特別塗装機

フォッカー70、フォッカー特別塗装機

KLMオランダ航空は、リージョナル路線を運航するKLMシティホッパーのフォッカー機の定期便の最終日について発表しました。KLMは、オランダの航空機メーカーとオランダの航空業界を彩ってきた97年に及ぶパートナーシップ関係の終幕をファンたちとともに迎えます。

フォッカーでの運航は、2017年10月28日(土)で、同日の運航のそれぞれの最終便はデュッセルドルフ発KL1862便、ノーリッチ発KL1512便、ハノーファー発KL1912便、ブリュッセル発KL1732便、ルクセンブルク発KL1746便、ロンドン発KL1070便です。これらの最終便となるKL1070便がアムステルダムに20時30分に到着します。KLMでは、これらの便は発表時点で一部便の予約が可能と紹介しています。

最終便はロンドン路線で、KLMによると1920年5月17日に初の旅客便がロンドン行きであったと振り返り、この歴史の偶然は必然でもあると紹介しています。当時のフォッカーIIは機体記号(レジ)「H-NABC」と「H-NABD」の2機で、10月28日(土)のKL1070便のフォッカー70で、フォッカーのオランダでの歴史に幕を閉じます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加