ユナイテッド、747ラストフライト 国際線は10月29日 最終便は11月7日 | FlyTeam ニュース

ユナイテッド、747ラストフライト 国際線は10月29日 最終便は11月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目: ユナイテッド航空、747-400

ユナイテッド航空、747-400

ユナイテッド航空は、同社保有の747を2017年内に退役させる予定ですが、そのラストフライトを発表しました。国際線は、ソウル・仁川発サンフランシスコ線で10月29日(日)のUA892便として最終運航し、アメリカ国内線でサンフランシスコ/ホノルル線UA747便として11月7日にラストフライトを運航します。

ユナイテッド航空は、1970年代に初めて747を運航した機材「フレンドシップ」にちなみ、1970年代の機内食を再現、機内に乗務するスタッフはレトロユニフォームを着用するなど、「空の女王」として親しまれた747での空の旅を楽しむことができます。

UA747便はサンフランシスコ国際空港のゲートでラストフライトの記念式典を開催し、同空港を11時に出発、ホノルルには14時45分に到着します。ホノルル到着時には、同空港のスタッフが747を出迎えます。この便は、ハッシュタグ「#UA747Farewell」を使い、ソーシャルメディアで情報発信します。

■ユナイテッド航空と747歴史
1966年4月13日:ボーイングが、490人乗り747の製造
   を発表。6月にエバレットで組み立て開始
1967年1月3日:747プログラムの最初の製造スタッフ
   がエバレットに到着
1968年9月30日:初の747、747-100「シティ・オブ・
   エバレット(N7470)」がワシントン工場でロール
   アウト
1969年2月9日:747-100「N7470」が初飛行
1970年1月21日:747が初の商業飛行。パン・アメリカ
   ン・ワールド・エアウェイズのニューヨーク発
   ロンドン着の便
1970年6月26日:コンチネンタル航空、747をアメリカ
   国内線に投入する初の航空会社となる。シカゴ発
   ロサンゼルス経由、ホノルル行きで飛行
1970年6月26日:ユナイテッド航空、初の747-100を
   受領
1970年7月23日:ユナイテッド航空、サンフランシスコ
   発ホノルル着で初の747の商用飛行
1977年1月:スペースシャトル輸送機として使用する
   747-100改修機がNASAに納入(N905NA)
1985年4月22日:ユナイテッド航空、パンナムの太平洋
   路線と747SP11機を取得する計画を発表
1988年1月29日〜30日:ユナイテッド航空の747SP
   「フレンドシップ・ワン」が、世界一周を36時間
   54分15秒で達成の世界最高速度を記録
1989年6月:ユナイテッド航空、初の747-400
   「N171UA」を受領
1996年9月:ユナイテッド航空で運航された747SP、
   NASAのSOFIAとして空飛ぶ天文台として引き渡し
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加