航空局、羽田の機能強化で落下物対策を拡充 航空会社への処分も検討 | FlyTeam ニュース

航空局、羽田の機能強化で落下物対策を拡充 航空会社への処分も検討

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は、2020年までに羽田空港の飛行経路見直しによる機能強化に向け、2017年11月から、第4フェーズの住民説明会を開催します。環境影響などに配慮した方策の進捗状況の説明に加え、新飛行経路の詳細や落下物対策の検討状況について情報を提供します。

新飛行経路は練馬区、板橋区から豊島区、新宿区の上空で旋回するカーブ部分について、想定される航空機の運航に合わせ、それぞれ150メートルから300メートル程度の幅の曲線で提示します。また、南風時の新到着経路は、航空機の着陸地点を南側に移設し、最終直線部分の飛行高度をおよそ20メートル引き上げます。

これまでの住民説明会でも多くの懸念が寄せられている落下物対策についても説明します。検討中の事項として、本邦、外航を問わず航空会社や航空機メーカーに対する、あらゆるチャネルを通じた未然防止策の徹底と、羽田空港の乗入れ航空会社などの会議で、適切な整備・点検の徹底を指導します。さらに、羽田では国の職員などによる駐機中の機体チェックの体制、特に外国航空機への検査を強化します。

全国の空港事務所などに、落下物情報の報告について再度徹底し、警察への協力も依頼します。落下事案発生時に情報収集や原因分析を強化するほか、原因者特定方法の充実と強化を図ります。合わせて、航空会社に対する処分を検討するほか、補償として救済制度の保険加入を促進するほか、見舞金制度の創設も検討を進めています。なお、救済制度の保険は現在、成田就航社で9割、羽田で6割です。

住民説明会は、11月1日(水)に京急蒲田駅での説明会を皮切りに、16箇所で開催する予定です。

■羽田空港機能強化 第4フェーズ住民説明会
11月1日(水)14:00~19:00
  京急蒲田駅改札口外コンコース
  (大田区蒲田)
11月15日(水)14:00~19:00
  川崎区役所大師支所2階会議室
  (川崎市)
11月19日(日)11:00~16:00
  北とぴあ地下1階展示ホール
  (北区王子)
11月23日(木・祝)11:00~16:00
  タワーホール船堀展示ホール2
  (江戸川区船堀)
11月29日(水)14:00~19:00
  大崎ニュー・シティ1階イベント広場
  (品川区大崎)
12月6日(水)14:00~19:00
  品川インターシティホール棟 地下1階会議室3
  (港区港南)
12月16日(土)11:00~16:00
  なかのZERO西館美術ギャラリー
  (中野区中野)
12月20日(水)14:00~19:00
  恵比寿社会教育館1階大展示室
  (渋谷区恵比寿)
1月13日(土)11:00~16:00
  光が丘IMA1階光の広場
  (練馬区光が丘)
1月18日(木)14:00~19:00
  新宿駅西口広場イベントコーナー
  (新宿区西新宿)
1月21日(日)11:00~16:00
  上戸田地域交流センターあいパル1階多目的室
  (戸田市上戸田)
1月24日(水)14:00~19:00
  アリオ北砂1階アクアコート
  (江東区北砂)
1月27日(土)11:00~16:00
  西部区民事務所1階会議室
  (豊島区千早)
1月31日(水)14:00~19:00
  サウスピア1階多目的室
  (さいたま市南区別所)
2月3日(土)11:00~16:00
  目黒区総合庁舎1階レストラン
  (目黒区上目黒)
2月17日(土)11:00~16:00
  向原ホール2階レクリエーションホール
  (板橋区向原)
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加