JTA、12月から羽田/石垣線に「JAL SKY NEXT」仕様の737-800投入 | FlyTeam ニュース

JTA、12月から羽田/石垣線に「JAL SKY NEXT」仕様の737-800投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

日本トランスオーシャン(JTA)は2017年12月21日(木)から、羽田/石垣線の使用機材を変更します。1日2往復便を運航する同路線では現在、737-400を使用していますが、737-800を投入します。

737-400は、クラスJが20席、普通席125席の計145席の仕様ですが、737-800はクラスJ20席、普通席145席の計165席で、全席本革仕様で機内Wi-Fiサービスを導入している「JAL SKY NEXT」機材となっています。

なお、詳しいスケジュールは、JALのホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加