エア・ベルリンとルフトハンザ、機材や人員含む一部事業の移管で合意 | FlyTeam ニュース

エア・ベルリンとルフトハンザ、機材や人員含む一部事業の移管で合意

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

エア・ベルリンは2017年10月12日(木)、ルフトハンザと一部事業の売却で合意したと発表しました。対象は、エア・ベルリン、ニキ航空、 DHC-8-400(Q400)で運航するLGWが含まれており、機材、人員など2億1,000万ユーロ、日本円でおよそ280億円で引き継ぎます。この契約は、規制当局の認可を条件としています。

また、エア・ベルリンは引き続きイージージェットを含め、エア・ベルリン・グループの各部門の売却について継続して交渉する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加