三沢基地、アメリカ海軍VAQ-134ガルーダズが展開 F-16と統合訓練 | FlyTeam ニュース

三沢基地、アメリカ海軍VAQ-134ガルーダズが展開 F-16と統合訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:VAQ-134が三沢基地に到着

VAQ-134が三沢基地に到着

  • ニュース画像 2枚目:三沢基地のF-16と訓練
  • ニュース画像 3枚目:ウィッビーアイランド海軍航空基地から展開するEA-18Gと訓練

アメリカ空軍三沢基地は、アメリカ海軍のウィッビーアイランド海軍航空ステーションからEA-18Gグラウラー5機と200名の隊員が9月4日(月)、同基地に展開したと発表しました。アメリカ軍の「シアター・サポート・パッケージ(TSP)」の一環で、6カ月にわたり、アジア・太平洋地域に展開します。

展開しているのは、第134電子攻撃飛行隊(VAQ-134)ガルーダズで、F-16ファイティング・ファルコンと統合戦術、手順や技術開発に取り組みます。VAQ-134は2015年5月にEA-6Bを退役、後継機のEA-18Gグラウラーを導入し、新機種導入後の三沢基地での訓練は今回がはじめてです。

VAQ-134はレッドフラッグやノーザン・エッジなどで訓練を重ね、三沢基地では第35戦闘航空団(35FW)の第13、第14戦闘飛行隊(13FS、14FS)と統合訓練を重ねます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加