カンタス航空、初の787-9を受領 シドニー到着時にフライオーバーを計画 | FlyTeam ニュース

カンタス航空、初の787-9を受領 シドニー到着時にフライオーバーを計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:カンタス航空の787-9初号機 VH-ZNA

カンタス航空の787-9初号機 VH-ZNA

  • ニュース画像 2枚目:受領式典での様子
  • ニュース画像 3枚目:787-9の機内
  • ニュース画像 4枚目:カンタス航空 787のビジネスクラス
  • ニュース画像 5枚目:カンタス航空 787のプレミアムエコノミークラス
  • ニュース画像 6枚目:カンタス航空 787のエコノミークラス
  • ニュース画像 7枚目:カンタス航空 VH-ZNA

カンタス航空は2017年10月16日(月)、シアトル・ペインフィールドで同社初の787-9を受領しました。機体記号(レジ)「VH-ZNA」で、フェリーフライトでシドニーには現地10月20日(金)早朝に到着する予定です。シドニーに着陸前には、天候とシドニーの空域が可能な場合、シドニー湾上空の飛行計画を明らかにしています。

カンタス航空の787-9はビジネス48席、プレミアムエコノミー28席、エコノミー166席、計236席を装着し、他社の同型機と比べてゆとりある空間を確保する仕様です。カンタスは、787の時差ぼけを抑えたり、体調面の維持に効果のある機能、乱気流で機体の揺れ軽減などによる快適性の向上、さらに静かな機体といった大きく改善された性能を活かし、長距離路線の主力機として活用します。

受領式典でカンタス航空のアラン・ジョイスCEOは、パース/ロンドン線の開設に触れ、はじめてオーストラリアからイギリスを結ぶ直行便の路線開設など、国際線のサービスを大きく変える機会になると強調しています。また、機内への搭載品を含めた軽量化、睡眠研究の専門家と協力した長時間のフライトを快適に過ごせる環境づくりに取り組んでいます。

カンタス航空は2018年末までに8機を導入し、これにより747-400を5機、退役させます。787-9はメルボルン/ロサンゼルス線に12月から投入され、2018年3月にパース/ロンドン線に投入される計画です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加