入間航空祭、2017年入場者数は21万人 C-1や飛行点検隊も会場沸かす | FlyTeam ニュース

入間航空祭、2017年入場者数は21万人 C-1や飛行点検隊も会場沸かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス

ブルーインパルス

埼玉県の航空自衛隊入間基地で2017年11月3日(金・祝)、「入間航空祭」が開催されました。主催者発表で来場者は約21万人となり、2016年の13万人、2015年の20万人を上回りました。

月曜日ごろの天気予報では天候の状況が心配されたものの、晴れの特異日とされる11月3日らしく晴天の下での航空祭開催となり、雨に祟られた10月から一転、ブルーインパルスの演技も澄み渡る青空の下でのアクロバット飛行となりました。展示飛行では、天候偵察を兼ねたT-4の飛行をはじめ、航空救難団やT-4の飛行、C-1の6機編隊による飛行、YS-11とU-125の飛行点検隊がそれぞれ、会場に集まった来場者を沸かせました。

期日: 2017/11/03
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加