大韓航空、12月発券分以降の日本発航空券で燃油サーチャージを値上げ | FlyTeam ニュース

大韓航空、12月発券分以降の日本発航空券で燃油サーチャージを値上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

大韓航空は、2017年12月1日(金)から2018年1月31日(水)発券分の燃油サーチャージを発表しました。大韓航空は、基準油価の2カ月間の取引日平均価格が1バレルあたり6,000円以上となった場合、日本発旅程で燃油特別付加運賃の徴収を行います。12月、1月の片道あたりの燃油サーチャージ額は、基準油価の変動に伴い11月末までの価格より値上げされ、日本/韓国間で500円となります。

最終目的地が中国、香港、台湾、モンゴル、ウラジオストクの場合は1,000円、グアム、フィリピン、パラオ、ベトナム、イルクーツクの場合は2,000円、その他の東南アジアの場合は3,000円、南アジア亜大陸、ウズベキスタン、ハワイの場合は4,000円、北米、ヨーロッパ、中東、南西太平洋、アフリカの場合は7,000円となります。詳しくは、大韓航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/01 〜 2018/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加