成田空港、訪日客向けAIコンシェルジュサービスを開始 スマホでガイド | FlyTeam ニュース

成田空港、訪日客向けAIコンシェルジュサービスを開始 スマホでガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:AIチャットボット「Bebot」のイメージ

AIチャットボット「Bebot」のイメージ

成田空港で2017年11月14日(火)から、訪日客向けにAIコンシェルジュサービスが開始されます。訪日外国人旅客はスマートフォンを利用し、ビースポークが提供するAIチャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」を通じ、空港や日本での旅行に必要な情報を英語で取得できます。

「Bebot」は、「ガイドブックを超える体験」をコンセプトに開発され、365日いつでもスマートフォンを通じたリアルタイムの多言語対応をめざしています。成田空港でのサービス開始時は英語のみの対応ですが、試験期間を経た後に多言語対応する予定です。

「Bebot」の利用は、空港内に設置されたポスターやステッカーに表示してあるQRコードを読み取り、位置情報の共有や飛行機の便名を入力すると、AIとのチャットを開始できます。「空港内での両替所は?」「新宿までの行き方は?」「空港周辺でオススメのスポットは?」など、利用者からよく出る質問に対し、リアルタイムに対応できます。詳しくは、ビースポークのホームページを参照ください。

期日: 2017/11/14から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加