IHI、バイオジェット燃料実用化に向けタイでパイロットスケール試験準備 | FlyTeam ニュース

IHI、バイオジェット燃料実用化に向けタイでパイロットスケール試験準備

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

IHIは2017年11月6日(月)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「バイオジェット燃料生産技術開発事業/一貫製造プロセスに関するパイロットスケール試験」に関連し、タイ・サラブリ県でパイロットスケール試験設備の整備を開始しました。

この事業は、バイオジェット燃料製造の商用化を目指して行われるもので、神戸大学と共同で取り組みます。IHIはこれまでにも、石油代替燃料の原料となる炭化水素油を藻体の50%以上含有する藻類を用いて研究開発を進めており、2015年度には屋外大規模培養で培養池面積1,500平方メートルでの試験に成功していますが、今回のタイで実施する試験は、10,000平方メートル規模の培養池を含むプラントを設置し、より規模を拡大して行われます。

IHIはこの開発事業を通して、航空分野におけるジェット燃料に起因するCO2排出量削減へ寄与することを目指して開発を進めています。詳しくは、IHIのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/11/06から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加