JAL、11月16日の旅客サービスシステム刷新でサービスが一時停止 | FlyTeam ニュース

JAL、11月16日の旅客サービスシステム刷新でサービスが一時停止

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)は、2017年11月16日(木)に旅客サービスシステムを刷新します。これに伴い、11月15日(水)19時から11月16日(木)8時までサービスが一時停止します。

11月15日(水)19時以降、一時停止するサービスは、ウェブサイトやモバイルサイト、アプリからの国内線・国際線の予約購入に関わる全サービス、国際線のWebチェックイン、発着案内、JALマイレージバンクの全サービス、JALカード会員専用オンラインサービス、JAL eトラベルプラザの全サービス、QuiCナビ、Walletへの登録ができなくなるほか、空港での手続きやメール配信サービス、旅行会社での手続きも一時停止となります。

また、システム停止時間の前後は予約センターの混雑が予想され、早めの問い合わせが呼びかけられています。あわせて、システム切替後の11月16日(木)は、空港カウンターの混雑が予想され、搭乗当日はeチケットお客さま控や認証コードなど搭乗に必要なものを持参し、早めに空港に到着するよう呼びかけています。

そのほか一時停止となるサービス、システム刷新後の航空券の有効期間変更や各種手続きの取り扱いについて、同社ウェブサイトで案内しています。詳しくは、JALのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/11/15 〜 2017/11/16
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加