JAXA、12月25日にSS-520 5号機を打ち上げ 超小型衛星打上げの再実験 | FlyTeam ニュース

JAXA、12月25日にSS-520 5号機を打ち上げ 超小型衛星打上げの再実験

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、SS-520 5号機打上げを2017年12月25日(月)に実施します。これは、2017年1月に実施したSS-520 4号機の実験失敗に対する対策を施し、民生技術を用いたロケットによる超小型衛星打上げ実証の再実験となります。

鹿児島県肝属郡肝付町の内之浦宇宙空間観測所で実施、打ち上げ時間は日本標準時で10時から14時15分です。実験期間は12月25日(月)から2018年1月31日(水)までと設定されています。

SS-520は全長9.54メートル、直径0.52メートル、重量2.6トンで、小型衛星向けのロケットです。これに超小型衛星「TRICOM-1R(トリコム-ワン-アール)」を搭載し、地球を周回しながら地上端末から送られるデータを収集し、衛星が管制局上空に来た時にコマンドで地上局にデータを転送する「Store and Forward」ミッションや、搭載カメラで地球撮像を行います。詳しくは、JAXAのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/25 〜 2018/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加