砕氷艦「しらせ」、第59次南極地域観測協力でフリーマントルへ出港 | FlyTeam ニュース

砕氷艦「しらせ」、第59次南極地域観測協力でフリーマントルへ出港

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:晴海を出港、お台場付近を航行

晴海を出港、お台場付近を航行

  • ニュース画像 2枚目:晴海を出港を見送る家族、隊員ら
  • ニュース画像 3枚目:晴海を出港、南極の昭和基地へ向かう

南極観測船/砕氷艦「しらせ(AGB-5003)」が2017年11月12日(日)、東京・晴海港を出港しました。海上自衛隊は観測協力を実施しており、第59次南極地域観測隊は、11月28日(火)にオーストラリア・フリーマントルで「しらせ」に乗船します。

人員輸送は往路のフリーマントルから南極基地間が69名、復路の南極基地からシドニー間は75名、物資は往路で約1,060トン、復路は廃棄物など持ち帰り物資を約400トン、輸送します。支援作業は、艦上観測、野外観測、基地設営などで、これらの作業に「しらせ」に搭載するCH-101が使用されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加