ボーイング、ALAFCOアビエーションと737 MAX 8の20機を契約確定 | FlyTeam ニュース

ボーイング、ALAFCOアビエーションと737 MAX 8の20機を契約確定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ボーイングは2017年11月13日(月)、「ドバイ・エアショー」でクウェートを拠点とするALAFCOアビエーション・リース・アンド・ファイナンスと737 MAX 8の20機の購入について契約しました。これにより、ALAFCOは737 MAXの発注分は計40機と倍増しました。この契約は、パリ・エアショーで覚書を締結しており、これが確定したものです。

カタログ価格は、総額22億ドル相当の契約で、737 MAXは燃費効率、運航の信頼性、効率性が優れており、ALAFCOの顧客航空会社に重要な要素で、同社の成長にも資する機材と評価しています。ボーイングは737 MAXのプログラムを開始して以来、これまでに4,000機超の契約を獲得しており、単通路機でもっとも高い効率性、信頼性を提供する機材とアピールしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加