中国軍機6機、11月19日に宮古海峡を飛行 空自戦闘機が対応 | FlyTeam ニュース

中国軍機6機、11月19日に宮古海峡を飛行 空自戦闘機が対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:H-6爆撃機「20118」

H-6爆撃機「20118」

  • ニュース画像 2枚目:TU-154情報収集機「B-4016」
  • ニュース画像 3枚目:Y-8電子戦機「30515」

統合幕僚監部は2017年11月19日(日)、中国機が宮古海峡を抜け、東シナ海とフィリピン海の間を、往復飛行したと発表しました。この飛行による領空侵犯は確認されていません。

確認された中国機は、H-6爆撃機が4機、TU-154情報収集機が1機、Y-8電子戦機が1機です。航空自衛隊が撮影、公開している画像によるとH-6爆撃機のうち1機に「20118」、TU-154に「B-4016」、Y-8電子戦機に「30515」と記載されています。航空自衛隊では、これら中国機に対して戦闘機をスクランブル発進させ、対応にあたりました。

H-6爆撃機「20118」は2017年7月、Y-8電子戦機は「30515」2017年8月にそれぞれ確認されています。詳しくは、統合幕僚監部のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加