ANA、12月から国内線の手荷物預入に締切時刻を設定 出発の20分前まで | FlyTeam ニュース

ANA、12月から国内線の手荷物預入に締切時刻を設定 出発の20分前まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA)は2017年12月1日(金)から、国内線で手荷物お預かりの締切時刻を設定します。同日から、機内に持ち込まない手荷物は出発時刻の20分前までに出発ロビーの手荷物カウンターで預け入れる必要があります。

この時刻を過ぎると、搭乗できない場合があり、ANAでは出発時刻の15分前までに保安検査場を通過できるよう早めの手続きを呼び掛けているほか、夏休み、年末年始、ゴールデンウィークなどは混雑が予想されるため、出発40分前を目安に預け入れることを勧めています。

なお、受託手荷物は3辺の合計が203センチメートル以内、プレミアクラスは40キログラム、普通席は20キログラムまでが無料手荷物の許容量となります。詳しくは、ANAウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加